いつでも圏内土地売却

土地売却は最初が肝心?

土地売却では、最初に業者に依頼して、情報を掲載してもらいます。
そして買い手がつくのを待つわけです。
公共で必要だったり、会社で必要な土地だったりする以外はこういった手順になります。
基本的に土地売却は個人対個人の交渉になるというわけですね。

土地売却の際、不動産業者に話を聞いてみましたが、この情報も鮮度が必要らしいのです。これも確かに納得な話です。
情報は基本的に新しい話から、顧客でと紹介されていきます。古い情報はチェックされていますから当然ですね。

土地売却の場合、最初の来てくれたお客さんはどんなに早くてもお勧めということです。早期に買い手が来たからと言って、次もすぐ来るとは限らないということですね。
でもこの辺って誤解しやすいですよねえ。
すぐ買い手が見つかった場合、そういうものなのかと思ってしまいますし。

良く考えてみると、土地ってたくさんの資金が必要です。
要するに買い物の機会自体も少ないわけです。それなら需要が高くない限りはそうそう買い手ってこないものかも。
やっぱり売る際は、しっかり自分の問題ない範囲なら売却することを優先したほうがいいようです。何事に関しても言えますけど、あまり欲張ってはいけないってことですね。

Posted by in 未分類

土地売却、売った場合の疑問

土地売却の際、怖い疑問がありました。
それは土地売却にかかる税金のことです。一定以上の利益を得た場合は所得税がかかります。この所得税が結構恐怖です。数千万円の動きがあるわけですから、次年度の税金がづなるのか…困ります。

土地売却について、色々話を聞いてみたのですが、良い情報を聞きました。
マイホームの場合、特約があるらいしのです。
土地売却の場合、3000万円の特別控除というのがあるのです。
これは一定条件の家に関して3000万円まで所得税を控除するといったものです。条件としては近親者への売却はだめということ、他に住まなくなってから3年以内で売却しないといけないということです。

他にも特約はたくさんあるみたいでした。
でもこういった特約がないと、税金はすごいことになってしまいますよね。
家の買い替えの度にすさまじい税金がかかっていては、買い替えなんて出来ません。
大きな所得があった場合、20%位税金がかかる場合もありますし、3000万円なら600万円です。庶民には冗談きついとしか言いようがありません。

日本はそうそう極悪でないことが分かっただけでも安心しましたよ。
今度その機会もありますし、もう少し予備知識を仕入れて行こうと思います。
やっぱり他人任せより、自分で理解できる範囲の取引がいいですしね。

Posted by in 未分類